アレルギーっ子とプラス「わん」

どのアレルギーっ子にも・・
(たとえ「毛」で反応が出ていなくても!)
プラス「わん」な日々の始まりは、
アレルギーを悪化させるリスクの高い日々の始まりを意味します。

そのリスクを負えるかどうか・・
負うだけの価値が有るのか・・
リスクを軽減する方法を充分知っているか・・
それを実行できるかどうか・・
しっかり考えて、
飼うのであれば、母親は覚悟をしないといけません。
プラス「メニー」な日々の始まりなのです。



毎朝、ぴよこが起きる前に、
コロコロ粘着テープで床をお掃除。
そう・・「毛」
カイカイ(痒み)、鼻ズルズル、くしゃみ&咳&のどが痛くならないように、
5時起きで掃除ー

その後、お弁当を作って、ぴよこ&らぎおを送り出した後、ブラッシング!
生え変わるこの時期、「飛び散る前に取ってしまえ」作戦。
服用のコロコロで、ラッキーの体もコロコロ。
特に嫌がることなく、適当に寝そべって協力してくれる、のんきな犬なのです。よかった。。

そして、寝床のある玄関のお掃除。

午後、ぴよこの帰宅前に、再びコロコロ。

ラッキーと遊んだ後は、服を満遍なくコロコロー
コロコロー

コロコロは「毛」に対して有効で、かなり頼りになる奴ですが・・
粘着部、本体共に臭う!
あーCSになって、家から消えたアイティムの一つだったのにー
他に良い方法が今のところ探せていない。。

重い体を引きずり引きずり、、日々世話と掃除
やっぱり「毛の無い犬」にすればよかったかしら・・って
何度か思いました(笑)

ラッキーの存在が、時間の流れ方をすっかり変えてしまう。
少しずつヤリクリ工夫しながら、新しい「日常」を作り上げていかなきゃ。


カテゴリ: 過敏症的日常生活 らぎー 2008年07月05日(土) Permalink

ご意見、ご感想


ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.