化学物質過敏症の番組見ましたー

化学物質過敏症の番組見ましたー
やっぱ30分は短いねー
CSの少女を追跡して3回目の放送だった。
新建材の家(ありふれた普通の家)で、原因不明の熱や不整脈になり、10歳でCSだと判った少女。
18歳になっても寝たきりの状態。
CSは早く的確に対処すれば回復できる病気なのに・・・
どうしてここまで悪くなったのか、わかります?


子供の調子が悪い時、病院に行って診察してもらう。でも、
薬を沢山売るだけを考えている最近の病院で
間違っても「化学物質が原因なのでは?」と言ってくれない。
「とりあえず、この薬で様子を見て下さい」と言って適当な薬を出す。
普通の母親なら、これで治るかもーって安心して、処方された薬を飲ませるよねー
彼女の母親もきっと一生懸命彼女に薬を飲ませていたに違いないー
どんどん蝕まれていくなんて誰も夢にも思わずにね。

建材の化学物質に体は悲鳴をあげているのに、どんどん薬(化学物質)を摂らされる、
それに食品に残留する農薬や添加物にも反応し始めて、全てが駄目になってしまう。

「過敏症」て言葉の中に「体質的に弱いひとが過激に反応しちゃう」って感じの響きがあるでしょー

でも、違う。
化学物質が原因の病気にさせられた

不調を訴えて、病院で診てもらっても、よく考えもしないで症状を抑える薬だけを出す医者や
「消毒」と言って毒蛾も発生してないのに、予算を使うだけの目的で町中に農薬を撒き散らす行政、
見た目の良さや流通の便利さを追求して添加物を入れる食品メーカー、
あの手この手で安い材料で見栄え良く建てようとする住宅メーカー、
はぁー言ってると切り無いよねー
こんな風に、社会全体から化学物質を押し付けられている私たちー
「過敏症」じゃなくて「傷害」だよねー

はぁー文章がへったぴーだから全然説得力に欠けるけど(笑)
「私は元気だからー」って他人事にしない方が身のためって事ですー
肩こりや偏頭痛それに手足の冷えだってCSの症状の一つなんですよ。


カテゴリ: 病気について・・ らぎー 2007年01月29日(月) Permalink

ご意見、ご感想

nonchan さん (2007年01月29日 13時05分18秒)

こんにちは!見ましたよ。もっと見たかったな、と思います。短すぎ!
丁度前日の教育テレビでも化学物質過敏症の人にお薬を処方することの難しさをやっていて、(最初、こっちが紹介された番組かと思い、日時を確認しちゃいました!)実にたくさん考えさせられました。
普段漠然としか考えてなかったことなんかも・・・。
原因は確かに人それぞれかもしれないけれど、根源は「無知」ということ、らぎーさんの文章を読んで考えさせられました。学校で勉強してること、生活にもっともっと役に立つこと、必要なこと、教育ってそういうもの必要じゃないの?って思います。学校で取り入れていくために、また方法を考えなくっちゃね。
テレビで言ってましたね「CSは、誰でもなる病気です」(らぎーさんから聞いて知ってたけどね!)。
だから、やっぱり考えないとね。私だって明日、そうならない保証はないんですもの、そして、どこかのだれかも、たくさんの人たちも。

らぎー さん (2007年02月10日 00時14分45秒)

のんちゃんさん、いらっしゃいませー。
根源は「無知」うーん確かにそうかもしれません。でも、知ってても「このぐらいなら・・」的な甘さもあるんだと思います。製造側も消費側もね。

教育ーうーん難しいですねー日本の学校教育(小中高)は結構幅広い知識をバランスよく教えてくれてたんだなーってアメリカに行ったときに感じましたよー。「学校教育が生活に役に立たない」のは知識を生活に役立てていく事をみんなが忘れてしまっているのでは??変な例えですが、話せる英語を教えるべきって言われてますが、中学で習う文法をしっかり覚えれば、日常生活の会話なんてチョロイもんです(笑)文法を知っていて話せないのは点を取るためのだけの勉強だと思い込んでしまっているからなのでは?中学高校の生物&化学の知識があれば、CSのメカニズムや対策も理解できると思います。

らぎーの周囲からは色んな反応がありましたが、「怖い病気」と言う意見が多かったー
でも、しっかり対策を取れば発症しないし、発症しても軽くすみますー
身の回りの「フツー」にもっと疑問を抱いてしっかりと納得しながら暮らしたいですね。

ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.