«Prev | Next»

自然なお茶園をたずねて

大和の山あいにある都祁(つげ)の里は、
空気と水のきれいなお茶の名産地。
しかしここでも農林業の衰退は進み、
お茶畑はあちこちで放棄されています。
old_field
※昔茶畑だったところ

そんな過疎の里に、
自然農法で田畑に向き合う20代の若者たちが、
縁あって暮らしを結んでいます。
ikawa_guys

その中心、伊川健一さんは、
都祁の風土に合った農産物であるお茶を、
古いお茶畑を譲り受けて無農薬で育て、
そのような自然茶を待ち望んでいた、
全国の人々に送り届けて、大変喜ばれています。
tea_field2tea_ground
※(左)自然茶の畑 (右)畝の間には剪定した枝葉を敷き、
 その土地の有機物はまたそこに返しながら雑草を予防

お茶は木ですから、
長い間放っておくとジャングル化します。
それをみんなで刈り込んで良い茶畑によみがえらせ、
さらに自前での加工や販路の開拓を行うなど、
これまでに出会った数々の“荒れ野”を、
自然体でニコニコと切り開いています。
old_field2
※伊川さんが初めて復活させた茶畑。奥はまだ茂み状態

初めて「春番茶」を飲ませていただいたとき、
そのさわやかなグリーンの香りと甘みに驚きました。
昔はどこのお茶農家でも、春の番茶を作っていたそうです。
加工と販売の都合から次第に収穫されなくなったとか。
でも、自分たちで茶葉を加工する健一自然農園さんでは、
春番茶、春ほうじ茶が作れるんですね。
いつもとはまた違う、昔の家庭茶のおいしさに出会えます。

同じお茶の葉っぱから煎茶、番茶、ほうじ茶だけでなく、
ウーロン茶や紅茶もできるって知ってますか。
ふつうは、よりウーロン茶向きの、あるいは紅茶向きの、
それぞれ品種の違うお茶の木から作られますが、
日本茶の木からも半発酵させればウーロン茶、
完全発酵させれば紅茶ができるのです。

日本茶の木からできたウーロン茶と紅茶は、
どちらも甘く優しいお味です。
胃にこない感じで、がぶがぶ飲めます。(^^;
ただいま、この和紅茶でチャイを入れるのがマイブームで、
はちみつやミルクも入れ、幸せなティータイムを過ごしています。

おっと、話が横にそれましたが、
そんなわけで、毎日飲むお茶だからこそ、
国産の無農薬栽培のものがきちんと手に入ることのうれしさを、
ほっと一服、味わってみませんか。
都祁の里と、伊川さんを始め、そこに住む人々の、
光に満ちた新たなトライアルに感謝しながら。
tea_field


カテゴリ: 大和茶 io (2009年05月10日) Permalink


衝撃の「春番茶」

健一自然農園の「春番茶」を飲んでみました。
とーっても美味しい!!!衝撃です!
春番茶
薄緑のかかったところは緑茶にも似ているけれど、
緑茶にあらず。この味は初めてです!

「三年熟成番茶」を初めて飲んだときにも美味しいと思ったけれど、
この「春番茶」も衝撃のお味でした。
番茶って奥深いわ???。しみじみ味わいました。
これが無農薬で、20代の若い人たちが作っているなんて!

「最近の若者は…」と言うと小言のように聞こえますが、
「やるじゃん! 最近の若者?!!」と感心しました。
栽培者の彼らを応援したいと思わせる、美味・安心・安全なお茶です。


カテゴリ: 大和茶 なぁ (2008年04月09日) Permalink


«Prev | Next»
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.