CPPホーム > プラネットショップ TOP > アイテム研究室 >
::
ecocert基準のオーガニック毛布を追って-その?

ecocert基準のオーガニック毛布を追って-その?

まずは昭和7年創業の撚糸屋さんに訪問。
歴史を感じさせる建物です。
建物
天井


綿(ワタ)の状態から1本の糸にしたものが撚糸屋さん
に入荷。1本の糸は太い部分や細い部分があり凸凹
なのですが、糸を2本3本と合わせて撚りをかけることに
よって均一で丈夫になり、又生地にした時に滑らかな表
面になります。
市販の縫い糸も1本に見えますが、実は2?3本の糸
を撚って1本の糸にしているのです。
毛布用はふんわりと又シーツ用はしっかりとなど用途に
合わせて撚りを変えています。


チーズ

これはチーズと呼ばれる撚糸後の糸。○○kgという風に
重さの単位で入荷され、撚糸屋さんではm(メートル)
長さの単位に置き換えて出荷します。
通常より長ければ糸が細くなっていて、逆に短ければ
太くなっているという事。
糸の太さにバラつきがあると生地にした時に厚かったり
薄かったり均一にならないのでとても気を使う大事な
部分なのです。

野生児のオーガニックコットンは自身の持つ油分や水分
や硬さにバラつきがあるので均一な糸にするにはテクニ
ックが必要です。
撚糸の工程でも一般綿に比べて糸が切れやすく
スピードを落とさなければならないので生産性が悪い
のです。
又こちらの近所には柿畑があり、オーガニックコットンが
汚染されないよう農薬散布シーズンを外して生産されて
いるそうです。
オーガニックコットンを生産するにはいろいろとご苦労が
あります。


隔離

このビニールシートの中でオーガニックコットンの撚糸が
行われています。
異物が混入しないよう又ワタが外に出ないようビニール
シートで隔離しています。



撚糸工程
上に置かれた糸から撚糸されて下に巻き取られています。


集塵
床に落ちたワタぼこりを黒いホースで吸い上げています。


歴史のある林撚糸さんでは今でも40年前の糸を再現
出来るデータが残っているそうです。


絨毯
これはなんと国会議事堂の絨毯と700系のぞみの
シート!


のぞみ
帰りに乗ったのぞみのシートを撮影して見ました。






カテゴリ: オーガニックコットン shus (2008年09月17日) Permalink

ご意見、ご感想

ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.