「豆シャン」という名のシカカイシャンプーの由来

これを最初にCPPに持ち込んだのは確かに私・・・のんちゃんでした・・・。
粉になる前のシカカイなんとも気味の悪いビーフジャーキーのような色をした豆をメンバーに見せ、しかも「使って!」と、半ば強引にほぼムリヤリ押し付けて帰ったのであった・・・・。
今思えば、あの自信はどこから来たのか・・・・?
そして、数日後・・・・使ったよ、と、最初にレスが帰ってきたのは忘れもしないメンバーのshusさん。
その時のタイトルは・・・・・
「不可解(フカカイ)なシカカイ」
と、愉快なレスポンスについつい笑ってしまった。
早速おうちで子供たちと使って見てくれたんだそう・・。

「シカカイって言うお豆さんのシャンプーだから、【豆シャン】だね」と、可愛いネーミングを付けてくれたのも、shusさんのお子さん!
ナイス・ネーミング!
なので、CPPでは、このシャンプーのことを以後「豆シャン」と呼ぶことになったのでした。
豆のまま煮出すとこんな感じ・・・

◆CPPのおすすめするシカカイとは・・・
●サポニンが豊富に含まれていて、エキスを軽く振るとぶくぶくっと泡立ちます。(本物の石けんのようです)
●サポニンの穏やかな働きで、汚れを落としつつ、必要な潤いは残してくれるので、朝の洗顔から夜のシャンプーまで、これ一つでOK。
●特にシャンプーとして使うときには、ヘナ粉も混ぜると、しっとりツルツルの仕上がりに、いつも満足。
しっとりさせたい人ほど、ヘナ粉の分量を多めにすればいいので、とっても簡単。
●石けんカスを発生させないので、硬水でも大丈夫。
●野生のものなので、農薬などはかかっていません。



全身シャンプー「豆シャン」=シカカイシャンプーは本当に便利でスグレモノです。
他のメンバーや、使ってみた方たちのアイデアも是非お寄せください。

ただし・・・・サポニンはお肌には優しいですが、目に入るとめちゃくちゃ染みることだけは注意しましょう!!!
(本当に痛い!痛いのです!!ウサギ目になります!健康に害はないですが、見た目がコワイです!)


カテゴリ: インド・ハーブ のんちゃん (2007年06月22日) Permalink


ヘナ

6月23日に、遅れ気味にショップに登場した極上のヘナと、インディゴと、シカカイ・・・。
少しずつ、インディアンハーブを増やしていく予定の第一歩が始まりました。

CPPで扱うヘナは、インド原産のヘナ。
ミソハギ科の植物です。主に、ヘナの葉を粉にして水やお湯に溶いて使います。
このロットのヘナは、通常のスピードよりも3倍も時間をかけて、ゆっくりゆっくり葉っぱから粉に挽いたものなので、熱の影響を最小限にとどめています。
スタッフ間でも「これは、今までの中で最高にいい!」と絶賛される出来に仕上がっているのです。
そして、余計な混ぜものなどせず、100%ヘナ。
100%だから、自分で色々なものを混ぜて楽しんだり、ストレートのヘナの香りにうっとりしたり・・・オリジナルな楽しみ方ができます。
世界でたった一つの自分だけのオリジナルレシピ、も、ありえるのです。
大人の泥遊び感覚で、ヘナタイムを楽しみましょう。
日に当たると赤く光って、ヘアマニキュアみたい!

◆CPPのおすすめする100%ヘナとは・・・・
●無農薬です。
●混ぜものをしていないので、オレンジ?赤にしか染まりません。(個人差はありますが、オプションによっては暗赤やブラウンに染まります)
●1時間以上かけないと、定着しません。(20分ほどで染まるといわれているヘナにはジアミンなど、ケミカルなものが入っている場合がありますので、原材料をよくチェックしてください)
※初めての場合は数時間かけないと染まらない場合があります。
●あまり染めたくない場合はシャンプーとしてシカカイなどと一緒に使うと大丈夫です。
●ケミカルなシャンプーやリンスから切り替えた場合、最初はむしろ、髪からそういったものを引き剥がす効果のほうが出ます。ある程度髪からケミカル物質が取り除かれたら染まりが良くなります。(ヘアダイやパーマで痛んでいる方は最低短い間隔で3回使ってみてください)
●黒髪の方が染めても赤くはなりません。ヘアマニキュアをしたような感じで、日に当たると赤く光ります。(上記写真参照)


ヘナは、ご存知、白髪染めとしてあちこちで見かけるようになりましたけれど、実は、トリートメントシャンプーとして使ってたりします・・・現地では・・・。
染毛剤ではなく、たまたま白髪も染まるのね・・・といった具合に、染めることは二の次の効果。
不思議なことに、使えば使うほど調子がよくなり、ケミカルなモノをまったく必要としなくなる・・・しかもハーブやヘナを使う回数そのものは減り、従って使用量は減っていく・・・不思議なことです。
我が家では、子供も主人も大ファン!
これをしておくと、髪はプールの塩素にも負けないし、冷却効果があると言われているだけあって、ヘナが終わるとすーっと頭が軽くなるような感覚に襲われます。
実際の体温が変わるわけではないのに、不思議な気持ちよさです。
暑いインドでなら、更に気持ちよかったでしょうね。

実は、私自身、初めて使ったときは髪がバリバリになってあまりいい感じじゃなかったのです。
なんと、後で分かったことは、長年市販のシャンプーやリンスを使っていたり、パーマやヘアダイで髪や頭皮がダメージを受けている場合は、最初は最低3回以上使わないと、効果が出ない人もいるのだとか・・・。
キューティクルが剥がれるとうまく定着できなかったり、ケミカルなものが残ってると最初はそれをはがすのに働いてしまうと言うことなのです。
なるほど、と思ったのは、一旦、すっぴんヘアに戻ると、ヘナのなじみがよくなって、突然よく染まるようになりました。
そして、枝毛や切れ毛もだんだんと目立たなくなり、ヘアケアに時間をかけることが少なくなっていったのです。
ナチュラルなもののご褒美、といった感じでしょうか?

とにかく、使っていると気持ちよくて、手放せなくなってしまいました。

皆さんのコツや面白いオプションなどありましたら是非お話を伺わせてくださいね。


カテゴリ: インド・ハーブ のんちゃん (2007年06月22日) Permalink


CPP つや肌ミネラルパック-感想や使い方


まずはとにかく『顔』に使ってみました。
お風呂に入ってまず洗顔をします。
湯船につかって、パックを顔に塗ります。
お風呂の中だからパックが乾燥しなくて効果的です。
もちろん、蒸しタオルをするともっと効果的。
3分程したら、洗い流します。
しっとり、ぷるぷるになります。
皆さんは、どんな使い方が効果的でしたか?
-------------------------------------
原材料についての説明はこちら
-------------------------------------


→商品ページへ


カテゴリ: つや肌ミネラルパック bubu (2007年03月27日) Permalink


CPP つや肌ミネラルパック-麦飯石とは?

美濃白川産麦飯石配合のつや肌ミネラルパック登場!
さて、その『麦飯石(ばくはんせき)』とは?

麦飯石
-- ミネラル補給、老廃物の吸着 --
美濃白川産麦飯石を使用。麦飯石は表面積が非常に広く、
多孔質性であるため強い吸着力を持ち、毛穴の奥の老廃物を吸着するほか、
肌の炎症を抑える働きがあります。
ミネラルの宝庫とも言われ、皮膚から良質の天然ミネラル成分が浸透し、
肌に活力を与えます。

-- 日本では岐阜県加茂郡白川町黒川でしか産出されていない貴重な石 --
日本は火山列島と言われるように複雑な地質構造を持っており、
色々なタイプの鉱床があり、火成岩の種類も豊富にあります。
その中で麦飯石は半深成岩に属する石英斑岩になります。
この石の成因については定かでなく、5000万年?7000万年前にかけて噴出・貫入した火成岩(花崗岩質ペグマタイト)と推定されています。
この頃の花崗岩質ペグマタイトには放射性元素を含むことが知られていますが、
麦飯石には放射能核種は含まれていないことが分かっております。

実に25,000種以上という非常に多物質から成り立っている麦飯石は他の火成岩と異なる点が多くあるほか、
古くより私たちの生活の中に取り入れられてきました。
ただ、この石は世界的にも非常に稀な鉱物になるため日本においては、現状ではただ一箇所、岐阜県加茂郡白川町黒川でしか産出されていない貴重な石なのです。


→商品ページへ

-------------------------------------
実際に使ってみた感想や使い方はこちら
-------------------------------------
その他の原材料
ハチミツ (保湿、肌にハリ・ツヤを与える)
ベントナイト(遠赤外線の効果で血行促進)
ベタイン (アミノ酸で肌のキメを整える)
サクシニアテロコラーゲン(美白、保湿)
セリシン (美白、保湿)
ヒアルロン酸Na(美白、保湿)
アロエベラ液汁末(保湿・抗炎症成分)
クエン酸(古い角質を取り除く)
イノシトール(肌にハリ・ツヤを与える)

素材にとことんこだわったパックです。保存料は使用しておりません。


カテゴリ: つや肌ミネラルパック bubu (2007年03月27日) Permalink


飲料水に・・・



ベタな使い方だけど、飲料水に・・・。10分もたてば、その辺の買ってきたミネラルウォーターよりウマい!と思います。
最近、子供の水筒にもこのお水を入れてあげていますし、愛犬ねねの飲み水もこれ!
舌で分かる一番いい方法です!


カテゴリ: 美濃白川産麦飯石 のんちゃん (2006年09月24日) Permalink


アイデア、デザイン募集します

アクリルたわし企画第2弾!
あったらいいな?と思うアクリルたわしの形をぜひ教えてください。
みなさんからのお声をもとに作ってみたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
あ、でもあんまり複雑なのはご勘弁を?!


カテゴリ: こんなアクリルたわしが欲しい? Sato (2006年09月14日) Permalink


麦飯石、しゃもじ入れに・・・

底に3個、「大」を入れています
こうすると、結構奥まで洗うのが大変なしゃもじ入れもきれい。
うっかり、朝洗い忘れて、夕ご飯を作ってる途中に思い出してぎょっとしなくても、しゃもじも容器も臭わないし、ぬるぬるが付かないですよ!


カテゴリ: 美濃白川産麦飯石 のんちゃん (2006年09月12日) Permalink


麦飯石 お風呂実験編

特大の大きさの麦飯石をお風呂に入れてみました。

我が家のお風呂はちょっと大きめなので、使用量3キロ。
巾着はちょっと重装備!
さすがに、石3キロは重いので、巾着は3重がさね。
もう少しいい袋があればよかったんだけど、我が家でとり急ぎ用意できたのはこれ位・・・。
手タレは息子。実は重みでちょっとプルプル震えていて、何度も撮りなおしになっちゃいました(^_^)v

少々、ぬるめのお風呂でも、体の芯がポカポカになって、ビックリするくらい湯冷めしません。
岩盤浴にも似た感覚です。
この使い方がいいのか分からないですけど、重曹と、この麦飯石を使うと、とてもいい感じです。
重曹だけだと早く暖まるけれど、湯冷めが早く、麦飯石を入れることによって慌てて衣類をまとわなくていいなんて、これからの季節にはぴったりですね。

夏はシャワーだけと言う人も、冬にはこのポカポカ麦飯石風呂はお勧めしたい!

ついでに、重曹との相乗効果で、お肌もつるつる(→麦飯石効果)ピカピカ(→重曹効果)です。


カテゴリ: 美濃白川産麦飯石 のんちゃん (2006年09月07日) Permalink


パックスオリーシリーズ&クリームソープ、使ってみました(^^)


8月からショップに登場した新商品。スタッフが早速使ってみましたので、使用感など商品選びの参考にしてくださいね。
私の一番のお気に入りはオリーボディソープ。普段は手作り石けんで体を洗っているので、その石けんよりはさっぱりめですが、細かい泡とやさしい香りで気持ちよく洗えます。アワアワに重曹を少し混ぜれば、ボディスクラブのできあがり?♪ ひじやかかともこれでケアできます。また、髪を洗っても軋まずにいい感じでした。
固形のクリームソープは、オリーボディソープよりもさっぱりとした洗いあがり。男性は、夏場このくらいの洗いあがりの方がすっきりするかもしれません。




エッセンシャルオイルのおくるみさん、誕生!


ある日、一緒にランチをしていたshusさんがかばんから取り出したかわいいフェルト。「エッセンシャルオイルと持ち歩くとき、瓶があちこちにぶつかるのでカバーを作っちゃいました(^^)」と見せてくれたのが、このおくるみさんを作るきっかけとなったのです。

エッセンシャルオイルは、持ち歩いているといざという時にとても役立ちます(^^) たとえばラベンダーは急に頭痛がし始めたとき、気分がすっきりしないときなど1滴の香りがとても楽にしてくれます。
エッセンシャルオイルは家に置きっぱなしという方に、おくるみさんを紹介していつもお出かけに持っていくことを提案しよう! さぁ、おくるみ企画のスタートです。



おくるみさんは、プラナロムのエッセンシャルオイルにぴったりにつくりました。また、今回の企画では原液を希釈できるようにホホバオイルを同じ大きさの瓶にいれておくるみに入れてあります。ホホバオイルがあるとエッセンシャルオイルの活用の幅が広がりますが、まだ買っていないという方のために小分けにしてまずはお試しできるようにしてみました。

せっかくCPPにはアロマセラピストがいるだから、この時期にぴったりのオリジナルブレンドも考えてもらおう!(どんどん欲張りになってきます?) ということで花粉症のスタッフからの要望で「呼吸すっきりブレンド」と、新学期、新年度とストレスのたまりやすい時期に活躍してくれる「心身くつろぎブレンド」が誕生しました。

「呼吸すっきりブレンド」はホホバオイルで希釈して、小鼻の脇に擦り込むと花粉の季節の鼻詰まりがすっきり(^0_0^)
「心身くつろぎブレンド」もホホバオイルで希釈して、アロママッサージをすれば心地よい香りでリラックスできることまちがえなし(*^^)v

このようにして出来上がったスペシャルセット。
どうぞお試しになって感想をお聞かせくださいね。




Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.