椿姫の贅沢たまご石けん

これは、特別な石けんです。
我が家において・・・・・という、狭い社会においてですけど・・・>^_^<

椿油は、スキンケアに随分使っていましたので、石けんにすると極上の仕上がりになることは分かっていました。
クリーム、乳液、ヘアワックスなど・・・とにかくお肌に乗せるとすっとなじむのに、全然重たくないのはこのオイルの特性。
昔から日本人が使っていたというだけあって、ホントに相性がいい人が多い・・・。

そして、卵を混ぜてみると・・・・・ううーん・・・これに限るーと自画自賛したくなる出来になっちゃったのでした。

オリーブほど重たくなく、でもしっとりという、その感触は、色々なオイルを混ぜてもなかなか出せなかったものだったのです。
各オイルの脂肪酸の組成表を見ていて、椿よりも良いはず!というブレンドで作ってみるのですが・・・・椿オイル単独に卵というシンプルなものにかなわないのはなぜ・・・・?
そういう時に、植物パワーのすごさをつくづく思い知らされます。
理屈じゃない部分ですね・・・・。

しっとりさ加減は、卵黄を1個にするか2個にするかで決めます。
我が家では、冬は、ほんのり黄みがかった、2個入りが定番。
夏は白くてすっきりした1個入りが良く登場します。

どのみち、椿油は高級な油なので、作る時にもお高くつきます・・・。

なので、精油も、ケチケチせず、どーんと大盤振る舞いの、超贅沢石けんにしてしまいます。
特に、自分の家族が使うものは、値段を考慮しないので、かなり思い切った(?)石けんを作成してしまいます。

これは、プレゼントでお友達に差し上げたりしますが、譲ってと言われても売ったことがほとんどないものです・・・。
だって、されど石けん・・・・でも、たかが石けんって言うとおりで、お高いから、ちょっぴりしか使わないのでは、よさを実感してもらえないから・・・・。
適量使ってこそ、効果もわかるというものです!

卵を使う石けんは、温度管理と混ぜ方に注意が必要。
温度が低すぎたり、混ぜ方が足りないと、肌あたりがあまりよくないぽろっと崩れてしまう石鹸になったり、ムラのある石けんになったりします。
また、温度が高すぎると、タンパク質が、石けんの中でいり卵状態になってしまって、粒粒が入った不思議な石けんになります。見た目が悪い・・・・・^_^;
そこさえちゃんと守れば、気持ちのいい石けんになってくれます。
自分で作ってみて欲しい石けんベスト3のうちのひとつです。


ご意見、ご感想

bubu さん (2005年11月12日 11時12分40秒)

うっとりするような香りですね。甘いような、ほのかですけれども。これは、椿油の香りなのですか?
まずは洗髪につかってみました。しっとりした仕上がりで満足です。洗顔や体にもやさしくて好きです。私は敏感肌ではないので参考になるかはわかりませんが。手作り石けんというと減りが早い印象がありますが、思ったより早くないですね。

io さん (2005年11月27日 12時41分14秒)

椿油とたまごの石けん、髪に使ってみました?。
ふだんからヘアオイルに椿油を使っているので。(^^)
髪を洗うと、ミネラルが多い感じがします。そのぶん、リンスしたらしっとり感がすばらしい?!
ドライヤーを使っても髪にコシがある感じで、とても気持ちの良い仕上がりになりました。
あと、顔も洗ってみました。マイルドでリッチな泡立ちに、大満足でした。やはりリンスすると、お肌の保湿にもかなりイイ感じですね!

のんちゃん さん (2005年11月30日 15時23分12秒)

香りは、精油なのだと思います。
この香りと石鹸の人気は高いので、もうずっとこのレシピで作っています。
冬は卵2個入りが最高に人気のある我が家ですが、この卵臭さも、精油の香りがすっかり消してくれているので、気持ちよく使えるみたいです。
今まで、友人達の評価は、当りはあってもはずれはない石鹸のようです。

ちなみに・・・・私はやはりこれが一番好き!なのです。
だから余計に、愛情たっぷりに作っちゃってるかもしれません。

shus さん (2005年12月16日 09時14分19秒)

油というとベタベタするイメージがありませんか?
でも椿油は付けてみると、しっとりするのにべたつかずとても軽いつけ心地。
椿油のシャンプーも卵シャンプーもどちらもしっとり、髪にコシがありつやつやに。
椿姫の贅沢卵石けんは髪には最高の組み合わせだと思います。
リン酢の後は仕上げにタオルドライした髪に椿油をほんの少しつければ完璧!

ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.