私をあたためてくれるもの

とても寒い日が続いて、
ウールのコートやダウンジャケットが大活躍。
でも薄くて軽いベージュのダウンは、
雨に降られて水のしみができてしまった。

色がうすいジャケットだから、
雨の日は着ないように気をつけていたけれど、
帰り道に降られてしまってアウト。

クリーニング屋さんは、そのしみを見て、
水ならば大丈夫でしょうけれど、といい、でも最近ですね、と、
よく見かけるダウンのトラブルを教えてくれた。

それは服の表からではなく、
裏というか、内側から来るという。

たくさん出回るようになった安いダウン。
中には仕上げを相当に簡略化したものがあり、
羽や羽毛は鳥の体表から引き抜くものだから、
私たちの髪の毛やうぶ毛と同じように、
根元に毛根や血液などが残っている。
それを何度も洗って乾かす手間を、
かなりのところ省いてしまうのだという。

中には水鳥ではなく、陸鳥から羽を抜いて、
陸の鳥というのは水鳥と違って、
抜くと筋肉組織まで付いてくるから、
もちろん、きちんと洗浄できていればいいけれど、
コストのために、それすらはしょる例もあるそうだ。

そういったものが、
中から浮き出してしみになる。
しみまでいかなくても、
ずっとにおいがとれない。
そんな例が急増しているそうだ。

手軽に服を次々買って楽しむのもいいけれど、
一歩立ち止まって考えるとね、と、
クリーニング屋さんは、ため息をついた。

本当にそう。
やっぱり大切にしよう。
私をあたためてくれるそのジャケットは、
どこかの鳥からいただいたものだ。
たくさんの人手を介してはいるけれど、
もとは、いきもの。

ウールのコートは、
羊からいただいたもの。
絹は蚕のもの、
木綿はわたの木のものだった。

着たら必ず手入れをし、
少しずつ形を直したり、
ほころびを繕ったりして、
長く大切に着ること…。

そのことを、
感謝とともにあらためて思い出した、
今朝はまるで、
羽毛にくるまれているかように、
あたたかい、朝。


カテゴリ: プラネット日記 io 2010年02月09日(Tue) Permalink

ご意見、ご感想

天草のベーキングエンジェル さん (2010年03月28日 15:50:18)

 三寒四温で冬物を出したり入れたりしています。 安さでつい買ったニットはすぐ毛羽立って、もう外には着ていかれない。素材の命を感じて、手入れをして大切に着ることをおろそかにしていました。
 還暦を過ぎ、身奇麗にシンプルに暮らしたいと願いつつ物に埋もれているのが現実です。
 でも、重曹生活は順調です。天草でも普通に重曹、クエン酸、オイル等買えるようになりました。温泉も手作り石鹸、酢のリンス持参です。
 おかげさまでエコで健康な暮らしです。

io さん (2010年04月14日 15:02:24)

天草のベーキングエンジェルさん、お久しぶりです!
重曹その他、ずいぶん手に入りやすくなったとのこと、よかったですね〜。

これからもぜひ、エコで健康な暮らしをお続けくださいね。私たちも自然素材を使ったレシピをこつこつ開発していきますので、ちょこちょこ遊びに来てください。(^^)

ではでは。また。

小川さだこ さん (2010年07月06日 09:27:03)

始めまして。
「朝イチ」拝見しました。
ちょっと前に、脱臭剤を重曹で作れるというのを見て、重曹が気になっていましたが、ベビーパウダーにまで使用できるのはビックリでした。
気になりながら、どのメーカー, どんなタイプを買っていいのか等、気になる点があって結局忘れていました。
肌が敏感なので、クレンジングを試してみようと思ってます。オススメの会社はありますか?

io さん (2010年07月26日 04:52:10)

小川さん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。
クレンジングの材料、特にお勧めのメーカーというのはありませんが、
どうぞ質の良い材料をお選びくださいね。
重曹は食用グレード以上で、粒度の細かいものを。
グリセリンは手作り化粧品用の、できれば植物由来のものを。

そしてなにより、大事なのは使うときの手のタッチ(^^)
やさし〜く肌の上をなでるように、決してゴシゴシしないで、
汚れが浮き上がるのをちょっとだけ待ってください。

余ったクレンジング剤は、歯磨きやお洗濯に使ってくださいね。

ではでは。また。

ご意見、ご感想をどうぞ






Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.