かがやく銀の波

その日、北海道はとても暑く、
到着後の涼やかな空気を期待していた人々は、
飛行機から出るなり、え?暑いぞ、東京より暑い、
と驚きながら、それぞれの目的地に散っていった。

私といえば、迎えに来てくださった方の車で、
急いで札幌の郊外に向かっている。
到着が遅れたことで、会の開始時間の、
ギリギリに滑り込むことになりそうだった。

なぜもっと早い便で飛ばなかったか、
主催の方々に心配をかけている。
移動の計画の甘さを悔いるしかなかった。

車の前には大きなトラック。
荷物をたくさん積んでいるのか、
ゆっくり進む。

早く早く。
そんなことばかり思っていると、
迎えの方が運転しながら話しかけてくださった。

このあたりは米づくりがさかんなところなんですよ。
このごろは北海道のお米、とてもおいしくなりましてね。
もう少しすると一面、田んぼの風景になります。

その言葉でやっと、自分が今、
とてものどかで、美しい景色の中を、
走っていることに気づいた。

広い緑の野を、
一本のまっすぐな道が貫いている。
遠くに丘陵が見える。
名水が湧く小ぶりの山。

目の前のトラックの巻き起こす風にあおられて、
道ばたの草々が大きく揺れる。
そこに白や黄色、赤紫の花が混じって、
日の光のもと、かがやく銀の波になっているのだった。

今、今日、ここに来られてよかったね。

山が、緑野が、笑っている。

しばらくそれらを見つめるうち、
不思議なほど元気がよみがえってきた。
大地にぎゅっと抱きしめてもらったようで、
自然に私もほほえんでいた。

命の洗濯。
生きていることの祝福って、
いたるところにあるんだなあ。


カテゴリ: プラネット日記 io 2010年07月07日(Wed) Permalink

ご意見、ご感想

川口大明 さん (2010年07月21日 18:27:52)

「朝イチ」を見てジュウソウニストが何にか気になって、ここにきました

心地よいリズムの、文体がスバラしい
アナタの感覚がみずみずしいです
お手すきでしたら、また何か書いてください

暑い日々が続きますがガンバッて
人のリズムに巻き込まれ‥
アナタには無用な心配かな

io さん (2010年07月26日 05:10:37)

川口さん、ようこそ。
コメントをありがとうございます。

とりとめのないことを書いているのに、
お目に留めていただき、感謝です。

今は大暑、都市の人間はよれよれですが(笑)、
自然の中の命はもっとも躍動する季節です。

川口さんも重曹やハーブなど、
身近な自然の恵みを活用なさって、
涼やかに健やかに、お過ごしくださいね。

ではでは。また。

ご意見、ご感想をどうぞ






Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.