原発事故が2か月続いて

全炉心融解。

福島の原発に関する情報は、
日本の人々の様子を見ながら小出しにされ、
実際はもっとひどかったのだ、と、
後になって知らされる状況が続いている。

そして今今の今、今このときも、
溶けた核燃料は、大量の放射性物質を、
ほとんどさえぎられることなく、
空にも海にも放出し続けている。

それはこの先何か月も続くのだ。
なにも落ち着いてはいない。
悪夢が日常になっただけで。

チェルノブイリよりも、悪い。
これまで人類が経験したことのない、
地球規模の汚染をどんどんまき散らしている、
最悪の事故がまだ継続中であるということを、
私たちはよくよく認識したほうがよい。

土と水と食べ物と。
ほかに置き換えのできない、かけがえのないものを、
子供たちの未来に無事に引き渡さなくてはいけないものを、
こんなに汚して…汚し続けて…。

体の中に取り込んでしまうこと(内部被爆)を、
できる限り避けるように、知恵をしぼって生活しよう。
それでも取り込んでしまう。きっと。
でも努力し続けることで、
しないよりも減らすことはできるはずだから。

まず、マスコミの論調に惑わされないこと。
彼らは正確なことを知らされてそのまま言うこともあるが、
その解釈が間違っていることもある。また、あえて間違いを、
みんなで赤信号をわたっちゃえとばかりに、
いっせいに振りまくこともある。
ねじ曲がったように言うよう、いろいろな筋から、
「お願い」が来ていることもある。
信じすぎてはいけない。

家族の食と健康を支えるためには、
「生産者の顔の見える」食べ物を、
できるだけ増やすようにしよう。
ストックしておける安全な食べ物は、
一年分、場合によっては二年分、
確保しておくとよい。

そんな大げさな?

そうだったかどうかは、
いずれわかる。
笑われて済むならば、
杞憂といわれるほうを選ぶ。

冷静に、がんばるのだ。




カテゴリ: プラネット日記 io 2011年05月20日(Fri) Permalink

ご意見、ご感想


ご意見、ご感想をどうぞ






Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.