布ナプケアについて

始めに、ご質問者の方のお話です。

−−−−−−−−−−−−−−
少し前に、布ナプに切り替えたのですけれど、
うまくナプキンをきれいにできなくて、悩んでいます。

シルクやオーガニックコットンの布ナプとか、
お値段高いけど、確かに心地よいので、
思いきって何枚か買ったのです。

毎月使うものだから、大事にしたいのに、
お店で勧められたようにセスキを使ったら、
確かに経血は落ちるけれども、
あっというまに布も傷んでボロボロに。

重曹で布ナプ、ケアできますか?
身体にやさしく、布ナプにもやさしく、
おだやかに清潔に暮らしていきたいのです。
−−−−−−−−−−−−−−

わかる、わかる、よく、わかります。
布ナプ、周りに聞くひとが誰もいなくて、
ひとりで始めたら少し大変だと思います。

お答えをつづるうち、わたしたちCPPスタッフの布ナプケアも、
以前、書籍『重曹でお洗濯! 肌にも地球にも優しいランドリー』(NHK出版 2006年)でお伝えしたときより、
また少しずつ進んで変化してきていることに気づきました。

以下は、ご質問への回答です。
公開して、またみなさまの工夫やお声もつのります。
セミナーの際やCPPへのネット上のメッセージなど、
お気づきのことや質問などお寄せください。

「女性専用」で話し合い、続けましょう。


−−−−−−−−−−−−−−
生理とランドリー

生理のときに、布ナプキンを使うと、
温かく、ほっとする感じで体に無理がありません。
その布ナプキンの自然で楽な洗濯の工夫を覚えましょう。
まず経血は、ケガをしたときに見るような通常の血液と異なり、
空気に触れても固まらない性質を持つことを知ってください。
血液はアルカリ溶液に入れるとよく落ちるので、
弱アルカリの重曹を使えば、手肌にやさしく、
大事なナプキンも長持ちさせるケアができます。

1 口の閉まる袋に少し重曹を振り入れ、
  使用済み布ナプキンは、そこに入れて持ち帰る。

2 底が深く、フタのできる小さな深型バケツを用意する。
  (できれば容器の中段に、布を支え、経血が抜け落ちるための、
  プラスチック等のメッシュの中底がつけられるとよい)

3 バケツに1%程度の重曹水を作り、
  そこに使用済み布ナプキンを直接漬ける。
  5分ほどで比重の重い経血はバケツの底にたまるので、
  そっとナプキンを引き上げる。
  重曹水には一晩ほど漬けておいてもよい。

4 重曹水に漬けたあと、ナプキンに残っている血液は、
  無理にゴシゴシこすらないで重曹石けんペーストを塗り、1日程度置く。
  その後やさしくもみ洗いし、いったん水ですすぐ。
  仕上げに酢水でリンスして重曹と石けんを中和分解し、水ですすぐ。

5 洗い上がりをチェックし、もしうっすらと血液のしみが残っている場合は、
  そのポイントにオキシドールをスプレーする。


もうひとつ、布ナプ生活を快適に送るために、
できれば「経血コントロール」を覚えましょう。
骨盤底筋は随意筋(意識でコントロールできる筋肉)です。
トレーニングは簡単で、誰でもできるようになります。
トイレでおおかたの経血を出せるようになると、
布ナプ自体も1日1枚か2枚で済むようになり、ケアが楽です。

もし生理痛や不順に悩んでらっしゃる場合は、
髪を上等なヘナで定期的にパックし、
デトックスする習慣もお勧めです。
婦人科の悩みが改善される例がたくさんあります。

布ナプと合わせて、
お体をいたわるヒントになさってください。

すてきな未来型自然生活を送られるよう、
心よりお祈りしています。
−−−−−−−−−−−−−−



カテゴリ: プラネット日記 io 2014年12月01日(Mon) Permalink

ご意見、ご感想


ご意見、ご感想をどうぞ






Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.