«Prev | Next»

白いダイヤの眠る故郷へ・・・(2008.8.5?6)

工場見学後、レジャーに出かけた!
多分、子供たちにはこれが一番思い出に残るのではないだろうか?
ゲルに泊まり、歌い踊り、ご馳走を食べ、弓を射ることや、馬に乗る事・・・・・
丸焼きの羊、血を混ぜたソーセージ、牛タンならぬ羊タン・・・・珍しく、でも、その土地に根ざした食べ物は、我が家の子供たちには何の問題もなくパクパクと胃袋に収まっていた・・・・
家では、あまりお肉は食べない息子たち・・・・どちらかと言えばお魚・・・あるいは蒸したり茹でたりして、脂抜きをした後の肉が主です・・・・
ところが、食べる食べる・・・・親の私が驚きます。
羊の肉は日本国内だと、独特のにおいがあって、調理の仕方を考えなければいけない・・・・ところが、人工飼料ではなく、草原の草を食べているので、その臭みがまるで無いのだ・・・・塩だけのシンプルな味付けなのに、美味しく食べられる。
通訳のトンさんに伺ったところ、「ほら!」と見せてもらった草原の草・・・
かなりな量の薬草が混じっているのだ!
ニラに似てるね?なんて言っていたら、野生のニラそのものだったりした^_^;
トンさんは、学費や家計の足しに、草原でこうした薬草を摘んだり掘ったりして、漢方薬のお店に持っていってたことがあるそうです。
「これは、おなかが痛いときに根っこが利きます」
「こちらは、怪我をしたとき貼ります」
「風邪などで熱がでたら煎じます」
・・・・・・ほとんどの薬草の使い方を諳んじているトンさんはすごい人だ・・・日本語ぺらぺらで、丁寧な説明を聞きながら、実は日本人じゃなかったことに気がつく。
こういう出会いに感謝。
素晴らしい人たちがそこここにたくさんいること・・・・それは私たちの形無い財産として静かに積み重なる。
たとえ一期一会だったとしても、確かに何かを残してくれるのだ。


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年08月06日(水) Permalink

白いダイヤの眠る故郷へ・・・(2008.8.5?6)

夜にウランホトに着く。
ジツハ・・・・S社長は、ここの名士なのです・・・VIP待遇を受ける、数少ない人の一人であります。
何がすごいって?赤信号でも先導車が着いているのでフリーパスです。まるきり信号待ちがなく、あちこちで敬礼されます・・・・。ちっとも偉くないのんちゃんまでが、そのご一行と言うことで敬礼されてます!うええーん、現地の方スミマセン?こんな私に礼を尽くしてくださって・・私にできることと言えば内モンゴルのことを日本に広めたり、重曹を広めたりするくらいしかできないんです?!!
ウランホトにて、朝市に出かけ、内モンゴルの普通の人たちの生活に触れる・・・。
ウランホトにある、ワンジャ食品の工場を訪れる。
もしかしたら、気が付かずにお世話になっているかもしれないお味噌やお醤油の工場を見学に・・・
正直、毒入りのギョーザの事件とかがあったとき、メデイアが映した中国の工場は、衛生的で美しい、近代的な日本の工場を見慣れた私たちにはかなりショックを与えた。
ところが、日本の工場もビックリ(*_*)ってくらい、とてもキレイで再び驚かされる。
「中国はどうとか良く言われるけれど、きちんとやりたいと言う意思があって、妥協せずに進めていけば、日本と同じレベルは可能なのですよ」
・・・・うーん、それはその通りだと思った。
ま、いいか・・・・なんて思った瞬間にレベルなんてのは下がるものなんだろうな・・・・食品だけではなく、生活の全てにおいて・・・・
見て見ぬ振りしている我が家はとっちらかっててるものなあ・・・・


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年08月06日(水) Permalink

白いダイヤの眠る故郷へ・・・(2008.8.2)

重曹工場(かんすいのほうが多く生産されていても、あくまでこう呼びますっっっ!!)&トロナの見学が終わり、またバスで揺られて、次の目的地に行きます。
現地で実際に暮らしてる遊牧民の方たちに会わせてもらえるということです。
イキナリ、お酒の挨拶から始まりました!
テレビで朝青龍がやっていたわね・・・お酒を薬指につけてピン!とはじく・・・もっとちゃんと見とくんだったわ!と、少々後悔しつつ、アルコール度数38度(3.8じゃないのよ!!)のお酒を2杯、飲みました。
くっと一気にね
う・・・美味いぢゃん?♪
キツイけど、ちびりちびりとやるのなら私は嫌いな味じゃないんだけど・・・・一気ってのはちょっぴり・・・厳しい・・・かな・・・・・・?
実際に生活をしているゲルは、素晴らしかった。

もてなしに出してくださった、発酵乳は、日本のヨーグルトとはまったく違って、酸味がほとんどなく、砂糖を入れていないのにほんのり甘く、とても口にしやすいものでした。
お昼をあんなにガツガツ食べなければ、ここでのものがたくさん食べられたのに・・・・
そのほかに、乾燥チーズとミルクティー、粟を発酵乳に入れてシリアル感覚で食べるものがものすごく気に入ってしまった私・・・
乾燥チーズは、おからっぽかったかな・・・・・チーズ独特のにおいはなかった。
美味しかった?!
日本に帰ってから調べたところによれば、お酒を作った時の副産物なのだそうです。
重ね重ね、お昼、控えめにしとくんだった?(涙)
同じくらいの年のお子さんがいたので、モンゴル相撲を教えてもらった息子たち。

2人合わせて1勝3敗だけど・・・・試合が盛り上がった盛り上がった!!
社長たちもCPPメンバーも、「いけー!」「やれー!」「わー」「おしい!」「やったー!」「負けたー!!」と・・・・ものすごい声援!!
ううーむ、格闘技って、生で見ると燃えるんだよね・・・・息子の空手の試合なんかでやってる自分の姿がいっぱい!って感じでした!
それから、モンゴル馬・・・しかも裸馬に乗せてもらって記念写真を撮りました!
モンゴルの馬はサラブレッドやアラブ種に比べると少し小柄でした。なので、女性でも手を貸してもらえればひょいと乗り降りできましたよ!
eriさんのが映りがいいので採用決定!
20年ぶりの乗馬体験・・・・おっかなびっくりだけど楽しかった(^◇^)
夕飯の場所に行き着かなくてはならないから、ここともお別れ・・・・
次なる場所に向かいます・・・・


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年08月02日(土) Permalink

白いダイヤの眠る故郷へ・・・(2008.8.2)

そして、いよいよ、仕事である「重曹工場」の取材。
詳細は、後々上がって来る、スタッフブログにて・・・
とにかく広い。
モンゴルの大地は、素晴らしく懐が広い。
塩っ気とアルカリ度の高さで、よほど強い雑草以外はほとんど生えない。
普通にアルカリ度はph9?11ほどあるそうで、単純な重曹よりはるかにキツイものだと学習する。
どれほどデカイかこうして並ぶと分かりますか?
トロナのついた皮膚は、小さな傷でもあれば、ピリピリする。これを手にくっつけたまま、目でもこするとそれは大変なのだそうだ・・・・。
そんなだから、植物が生えない。生物が繁殖・繁茂するのには難しい大地なのだ、ここは・・・。
足元も、視線を送ったその先も、ずっと続く道の横も、すべてトロナ。
昔は海だったその証拠が、このトロナと呼ばれる鉱脈だ。
陸に上がり、何千年かを経ても、まだ私たちは「海」の恩恵を受け、海と対話し、海を感じている。
いいことだとか、悪いことだとか・・・は人が勝手に決めることで、資源が枯渇しようと、生態系が変わろうと、それは地球には痛くも痒くもない、表面上の小さな小さな出来事なんだろう・・・
もしかしたら、勝手に人が地上のあちらこちらに住んでいることさえ、地球は知らなくて、そしてどうでもいいのかもしれない。
けれど、地球で生まれた私たちは、こうして、地上に立ち、地球と言う惑星の他では快適に生きていくことなどできない生き物なのだから、もともと用意してくれていた地球環境を、自分たちの住みいいように、軌道を代えなくてはならないんだろうね。
この広大なトロナだって、ずっと掘り続ければ、いつかは枯渇する。
資源と言うものはそういうものだ。
昔、手掘りでこのトロナを採掘していたと聞く。
アルカリ度が高すぎて、皮膚はボロボロになるそうだ。
今、自分のべたべたとする手のひらを触りながら、アルカリ系の薬品に触っている感触とまさしく等しいと感じる。 でも、空気は清涼で、深呼吸しても私の喉も肺もここの空気には適応できている。
皮膚が邪魔をして、肺が邪魔をして、もう海には戻れない私の体は、それでももとは海だったここの大地には適応できるのだ。
どうしても来たかった場所、どうしても触れてみたかった大地がここにある。
もう、死ぬまで再度来れるかは分からない。だから、シャッターを切り、目にその風景をしっかりと焼き付ける。
この不思議な懐かしさは、ここから命が産まれ出でていたことを、DNAのどこかで感じているからなのかもしれない。海をやめても、海の恵みが豊かに残ったこの大地から、確かに私は恩恵を受けているのだから・・。
大地も海も、間違いなく父であり母なのだと、生物は本能で知っているのかも知れないね。そうでなければ、こんなに、泣きたいほどに何かが込み上げるなんてこと、多分、ないから・・・・。


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年08月02日(土) Permalink

白いダイヤの眠る故郷へ・・・(2008.8.1)

タイトルは随分前に決めていた。白いダイヤモンドだと、私は重曹のことをずっとそう思っていたので。いえ、正直、ダイヤモンド以上ですけどね。家庭の中の必要度は・・・・(^^♪
成田→北京
飛行機の中はめちゃ混みでした・・・・当然です・・・もう1週間後にはオリンピックですもの!
行きの飛行機の中で、重量挙げの選手と同じ飛行機、息子の後ろの席には三宅選手が・・・・(-_-;)
日本を背負って北京に行く方たち・・・・せめてもペースを崩さないよう、そーっとしておきました・・・・・本当はがんばって!と一言かけたかったけれど、躊躇してしまいました・・・・だって、テレビで見るよりずーっと小柄で、かわいい人だったんだもの。この小さな体で、毎日毎日ハードなトレーニングを重ねてるなんて信じられないくらい、キュートな女の子・・・・。どうせ空港に着いたらマスコミがどっと押し寄せるんでしょう・・・・せめて飛行機の中では、のんびりとお過ごし下さい。
さてさて、1日目から、予定は狂いっぱなし。
まず、中国と言う国は、国内便をたくさん止めていた。
なぜって?北京空港が混むからという理由で・・・
げげ・・・日本ではダイヤをいじくったりはするけど、止めるなんてことは、自然災害とかそういう理由以外では有り得ないけど・・・・
それで北京空港そのものはあまり混んでいると言う印象がなかった理由が分かりました。
夕方まで、フフホト行きの飛行機は出ない、と言うことだけはしっかり理解した。今は昼!!
なので、予定外ではあるけれど、北京市内を観光することに・・・・
電車乗り場・・・まるで温室・・・暑いよ?
ここで合流した、S社長、N(次期?)社長、M社長、そして、モンゴル人であるTさん(・・・と、気軽に呼んでいるが、偉い人なんであるぞよ・・・・)を加えて、かなり人数が増えました!
天安門広場にて、息子たち・・・・・
         ↓
この場所の重要さが分かってない!!仕方ないか?(笑)後で説明するよ・・・・(泣)
さすがにセキュリティは厳しくて、地下鉄も飛行機並みの警戒をしていました。手荷物チェックとか、金属探知機とかね・・・・
そんな中、北京カットの男の子が横切ります。
旅行直前にテレビのニュースで見た!「北京カット」カットしてるのは大学の教授らしいことも、情報掴んでいます!


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年08月01日(金) Permalink

プロローグ(2008.7.31)

いよいよ、念願だったある場所に行くことができる前日となった。
何処へか・・・?
それは内モンゴル自治区

日程は8月1日から6日まで・・・・
我が家は私と息子2人の合計3人の参加です。
残念ながら、相方は(子供たちより行きたがっていたけど・・・^^;)お留守番。
思春期の反抗盛りの男の子2名を母1人で海外に連れ出すわけです・・・。
8月1日の朝に成田集合ではあるけれど、高松からでは当日集まるのは無理。そこで、我が家では前日に成田周辺のホテル宿泊、と相成りました。
上の子の通う中学校では、補習が31日まであるので、授業が終わったと同時に、ほぼ拉致ってきました。
拉致った後、一旦自宅に戻り、この2日ばかりで用意した荷物を1時間ほどかけて再チェックさせ、自分もチェックして、スーツケースや手荷物をきっちりと封しました。
かなりスカスカの荷物・・・・帰りはどうなっていることやら・・・・(汗)
相方に、随分前からお願いしていた通り、仕事の途中ではあるけれど、一旦帰宅してもらい、私たち3人と荷物をホイと飛行場に放り込んでもらいました。
まずは、相方に、お留守番よろしく!行ってきまあす!
羽田からは(時間待ちとかそういうのはあったけど)とってもスムーズで、ホテルにチェックイン。
朝起きて、今度は日本を離れるため成田へ・・・・
行ってきます、日本!


カテゴリ: モンゴル重曹の故郷へ のんちゃん 2008年07月31日(木) Permalink
«Prev | Next»
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.