※イセヒカリ便り※  2014・11・15

26年産のイセヒカリ、いよいよ販売開始です。

そこで、生産者の吉松敬祐さんからメッセージをいただきました!

『今年は、夏の天候が悪く、雨降りの日が続き、夏らしい日は僅かでした。
そのため、当地で慣行栽培されているコシヒカリは生育も悪く、病気の発生も多く、
収穫された米の品質も優れませんでした。
一方、イセヒカリはコシヒカリより実りを迎える時期が遅いため、
穂が出る頃から天候がよくなり、見事な熟れ色の秋を迎えました。

イセヒカリの田んぼは農薬、化学肥料を使っていないので、
皆さんがこの米を食べていただくことにより、
今では少なくなったトンボのヤゴやミズカマキリ、ゲンゴロウ、イモリなどの
オアシス守ることとなっています。

私のところは、全国のイセヒカリノ原種の生産を預かっています。
私のところのイセヒカリは全てが原種で、農家にわたって種籾を生産するのに使われます。
皆さんに食べていただているのはこの原種を米にしたものです。

今まで、いろいろトラブルがあり、ご迷惑をおかけしてきましたが、少しずつ改善を図り、
今後ともより良い製品にしていきたいと思っています。』

とっても貴重なお米であることがよくわかりますね。
そして、生き物のオアシスとなっている田んぼをこれからもずっと守っていきたいですね。

今年も吉松さんのイセヒカリを食べられることを心より幸せに思っています。



カテゴリ: イセヒカリ便り Sato (2014年11月16日) Permalink

ご意見、ご感想

ご意見、ご感想をどうぞ

コメント機能は、現在使われていません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.