鳴子温泉の湯治米



湯治米(玄米)を圧力鍋で炊いて食べてみました。
プチプチとして噛むほどに甘みを感じ、とてもおいしかったです(^^)
玄米臭さもなく、子供も嫌がらずに食べました。




カテゴリ: 玄米の炊き方、おいしい食べ方 Sato (2006年09月07日) Permalink

ご意見、ご感想

eri さん (2006年09月08日 01時15分47秒)

湯治米、おいしくいただきました!

見た目にもとてもきれいで、モミやゴミ、虫食いの米などまるでない状態の良さ。モミヨリの必要はないくらいでした。

味は「ひとめぼれ」とのことでしたが、糠の臭みはなく、コクがあり甘みが強かったです。200回ほど噛んで、口の中で甘酒状になりましたら、本当の甘酒を頂いているように甘かったです!
今回は土鍋で炊いたので、比較的さらっとした炊きあがりのものを試食したのですが、きっと圧力鍋で炊いたら、もっちもちだろうな…と想像できました。今度は圧力鍋で炊いてみます♪

☆今回の分量と炊き方
米:2合
水:1.8倍
塩:小さじ1/4
土鍋:かまどさん(分厚く中蓋つきの炊飯専用土鍋、伊賀焼き)

お米を研いでから、吸水せずに鍋にいれ、水と塩をいれて、蓋をしてすぐに弱火にかけ30分して→穴から勢いよく蒸気がでたら、強火で1?2分保ち→ごく弱火にして、さらにガスマットをひき、40分ほど炊く→10秒ほど強火にしてから火から下ろし、10分蒸らす。

ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.