イセヒカリ(玄米)我が家での炊き方

「イセヒカリ」は他の玄米と違って
皮が薄いのか食べている時に口に残らずその為か圧力をあまりかけなくてもおいしく頂けます。
子供(5歳)もダンナも今まで玄米は嫌だと言っていたけど、イセヒカリは食べてます。

我家ではダンナがもちもちしたごはんが嫌い。
男の人ってお餅とかもちっとした食感あんまり好きじゃない人多いですよね。
なのでいつも大抵圧力鍋で炊きますが高圧で炊いていません。

ちなみに我家の圧力鍋は活力鍋(1.45kg/c?)

●分量(水にしばらく漬けて置く時)
玄米 3合
水   800cc(4カップ)

活力鍋の高圧と低圧の中間にメモリを合わせて、
?蓋をあけてふつふつするまで
?蓋を閉め圧力をかける
?錘がふれてから3分
?弱火で22?3分

この方法で炊くと高圧よりややさらっとしますが土鍋で炊くよりはふっくらややもちっとします。

●分量(水に漬けずすぐ炊く時)
玄米 3合
水  930cc


活力鍋の高圧と低圧の中間にメモリを合わせて、
?蓋をあけてふつふつするまで
?蓋を閉め圧力をかける
?錘がふれてから3分
?弱火で27分

この分量と時間で水に漬けて置いた時と同じ炊き上がりです。





カテゴリ: 玄米の炊き方、おいしい食べ方 shus (2006年10月13日) Permalink

ご意見、ご感想

ご意見、ご感想をどうぞ

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.