CPPホーム > ラボラトリー TOP > 精油のこんな使い方:ティートゥリー

精油のこんな使い方

ティートゥリー
ティートゥリーはとても広い適用範囲がありますが、細菌、真菌、ウィルスという3つの種類に属する感染症を起す微生物全体を抑制する活性は素晴らしいものです。

【風邪気味かな、疲れたな・・・と思ったときの入浴に】
<材料と分量> ◆乳化剤 10ml、または、半カップ〜1カップの重曹
◆ティートゥリー 5滴〜10滴
<作り方・使い方>
精油5滴〜10滴を10mlの乳化剤、または半カップ〜1カップの重曹によく混ぜてから浴槽に入れ、蒸気を深呼吸しながらゆっくり入浴します。早期の風邪の撃退や疲労回復に有効です。デオドラント効果もありますのでスポーツの後の入浴にもティートゥリーはおすすめです。



【日常のマウスウォッシュに】
<材料と分量> ◆無水エタノールやウォッカ 10ml
◆ティートゥリー 1滴
◆水
<作り方・使い方>
10mlの無水エタノールやウォッカに1滴の精油を垂らしたものを洗面所に常備し、10倍に薄めて毎日のうがいに使います。気分のリフレッシュとともに風邪や歯槽膿漏の予防に効果的です。



【この痒みはたまらない、カンジダ性膣炎に】
<材料と分量> ◆無水エタノール 10ml
◆ティートゥリー 20滴
◆ラベンダー・アングスティフォリア 10滴
◆精製水 40ml
<作り方・使い方>
ティートゥリーを使った座浴はポピュラーなケア方法ですね。外出先でも使えるケアスプレーを携帯しておけば、回復を助けます。
スプレー容器に無水エタノール10mlとティートゥリー20滴、ラベンダー・アングスティフォリア10滴を入れ、精製水40mlを加えます。よく振ってショーツやパンティーライナーに軽くスプレーして身に着けます。コットンにスプレーして外陰部を拭いて清潔にする方法も。



【水虫退治に】
<材料と分量> ◆無水エタノール 10ml
◆ティートゥリー 4滴
◆ラベンダー・スーパー 4滴
◆ぬるま湯
<作り方・使い方>
一般に男性に多いとされていますが、ブーツの流行などにより、最近では女性でも水虫に悩む人が多いようです。
洗面器のぬるま湯にティートゥリー4滴とラベンダー・スーパー4滴を直接垂らし、足浴をした後、乾いたタオルでよく拭いてから患部にティートゥリーを直接すり込みます。数日続けると、効果が期待できます。



精油の詳しい紹介はこちら→
おすすめのオイルはプラネットショップでどうぞ

前へ 目次へ戻る 次へ
Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.