CPPホーム > レシピ集 TOP > ラヴィンツァラのこんな使い方

ラヴィンツァラ の こんな使い方

連日、仕事が遅くまで続いて「疲れたな」と感じた時は、ラヴィンツァラの精油をバスタイムで試してみてください。
心身の疲労を癒し、神経をリラックスさせます。いつもより良質な睡眠も期待できます。

ハードワークで過労が続くときのバスタイムに

材料と分量

  • 重曹 半カップ〜1カップ
  • ラヴィンツァラ 5滴〜8滴

作り方・使い方

半カップ〜1カップの重曹に精油を5滴〜8滴垂らしてよく混ぜたものを浴槽に入れます。
蒸気を深呼吸しながらゆったりとお湯に身をゆだねてみましょう。
ラヴィンツァラだけでなくラベンダー・アングスティフォリアやローズウッドなどをブレンドすると心地よい香りの良さと効果がUPします。

インフルエンザの流行する季節に

材料と分量

  • 植物油 30ml
  • ラヴィンツァラ 20滴
  • ユーカリ・ラディアタ 30滴
  • ティートゥリー 30滴

作り方・使い方

ラヴィンツァラ20滴、ユーカリ・ラディアタ30滴、ティートゥリー30滴を30mlの植物油に加えたブレンドオイルを1日に数回、胸と背中に5〜6滴を塗ります。
風邪と似たような症状でも、風邪に比べて発病が急激で全身に倦怠感、食欲不振、関節痛などの症状が出ます。
このブレンドは予防対策や医師の処方が受けられない場合の症状の緩和などに活用してください。

〈プラナロム〉ラヴィンツァラ(ラベンサラ名称変更)
〈プラナロム〉ラヴィンツァラ(ラベンサラ名称変更)

この商品の取り扱いは終了しました。


精油の紹介はこちら→
おすすめのオイルはプラネットショップでどうぞ

Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.